ピアノ 引越し 相場

オススメのピアノ引っ越し法

ピアノ 引っ越し

ピアノ 引越し

ピアノ 運ぶ

ピアノ 配送

 

ピアノの引っ越しにお困りですか?

 

ピアノにはグランドピアノ、アップライトピアノ、そして電子ピアノがありますが、どの種類でも高級ですね。
うっかり破損してしまっては大変なので、引っ越しの際は引っ越し業者と綿密な打ち合わせをしておくといいですね。

 

ピアノは特殊なのでオプションという引っ越し業者も多いです。
有料にしてもどのくらいかかるのか知りたいですよね。

 

でもその料金が安いのか高いのか、適正なのか知りたいと思いませんか?
そんなときは引っ越し一括見積もりサイトで複数の業者に見積もりを依頼するといいですね。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

現住所の情報、新居の情報、運びたい荷物の量などを1度入力するだけで、お住いの近くの引っ越し業者からの見積もりが取れます。
簡単に引っ越し相場も最も安い業者も見つかりますので、オススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションがあります。
なぜオプションなのかというと、引越しをする人すべてが必要とするものではなく必要な人が個別に有料で依頼するものだからです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設は依頼が多いそうです。

 

今でもエアコンがついていない賃貸の部屋は多く、自分でエアコンを購入して設置した人も多いはず。
当然、新居にもエアコンを持って行きたいと思いますね。

 

しかしエアコンは室外機とホースでつながっているため、コンセントを抜けば動かせる他の家電とは扱いが全く違います。
電器屋に依頼して取り外してもらい、新居で取り付けてもらう必要があります。つまり2回来てもらう必要があるのです。
しかし引越し業者にオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、その手間が省けます。

 

ピアノの運搬は、専門業者か専門スタッフに依頼した方が良いです。
なぜならピアノは高価で重くて繊細な楽器なので、慎重に運ぶ必要があるからです。
一括見積もりで「ピアノ」の項目にチェックを入れておくと、ピアノの運送に対応できる業者を選んで探してくれます。

 

 

レンタカーでピアノを運ぶ

 

引越し レンタカー

 

レンタカーでピアノを運ぶことはできるのか、シュミレーションしてみました。

 

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満ですから、1tか1.5tか軽トラックのいずれかになります。
荷台のサイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

グランドピアノは無理そうですが、アップライトピアノや電子ピアノは載せられるかもしれません。
しかし問題は重さです。家から運び出して荷台に載せることができるでしょうか?

 

ピアノは高級で繊細な楽器なので、無理に引きずったりはできません。
100kgを超えるものもあるので、素人が運ぶのはやはりオススメできません。

 

うっかり落として破損しても何の補償もないので、ピアノはやはり専門業者か専門スタッフのいるところに運搬を依頼しましょう。

 

 

引越し業者と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。
繁忙期になると日本全国どこの引越し業者も大忙しで最悪予約すら受付できないこともあります。

 

引越しの準備が遅れるとものすごく料金が高いとか、引越し業者が見つからないという事態もあり得る恐ろしい時期なのです。

 

最近の物流の変化で大型トラックの運転手不足が大問題となっています。
もし繁忙期に引越しするという方は、できるだけ早く新居の物件を探して見積もりを取って、引越し業者と契約まで済ませておきましょう。

 

引越しの繁忙期は3月ですが、この時期に引越しが集中するには訳があります。

 

4月の新学期を前に新大学生や新社会人が引越しをします。
さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンも引越しをします。

 

とにかく新学期を目指して引越しをする人が多いのです。

 

そんなわけでこの時期の引越し費用は他の時期よりも高くなります。
引越し業者はスタッフを増員したり、残業したりするため、人件費がアップするからです。

 

もし繁忙期の引越しを避けられるのであれば、避けてくださいね。

 

 

引越し準備の手順

 

引越し 手順

 

引越しの際はすることが多いですね。
何をどんな順番ですればいいのか、おおまかな手順を先に確認しておきましょう。

 

引越し業者の見積もりですが、新居が決まってすぐというタイミングがオススメです。
実は新居の情報がないまま見積もりを依頼しても正確な見積もり金額が出せませんし、引越し当日に追加料金が発生するトラブルを警戒してこの段階での見積もりをしてくれない業者もあります。
しかし逆に新居が決まったのに見積もりを取らないと、条件の良い引っ越し業者の予約はどんどん埋まっていくのです。

 

・不用品は引越し前に処分しましょう。できるだけ引越し前に荷物を減らした方が引越し費用が安くて済みます。
荷物が多いと引越しに時間がかかるため人件費が上がったり、大きなトラックが必要となって交通費が上がります。
不要品を売るためにフリマアプリが便利ですが、売れるまでには多少時間がかかりますから早めに行動しましょう。

 

・市外への引越しは、引越しの2週間前から転出届を受けつけてくれます。
うっかりして転出届を出さずに引越しをすると、後から提出しに戻ったり書類を送ってもらうなどの手間がかかります。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておくと二度手間になりません。

 

・電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。
精算方法は会社によって違うので、まずは電話で確認してください。
もしかしたらガスについては安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。

 

・引越しの際は郵便物もどうにかしなければなりません。
最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば、1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。
この1年の間にいろいろなところへの住所変更をしておいてくださいね。

 

・引越し当日の荷物の移動は引越し業者にお任せできますが、引越し業者が運べない荷物もあります。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。
家具や家電の配置場所はあらかじめ決めておいてくださいね。

 

市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。
忘れるといざというときに使えないことがありますから、お忘れなく。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

粗大ゴミ 処分

 

引越しの際、不要品がたくさん出ますね。
小さなものは日々のゴミ出しで処分することができますが、大きな家具や家電はそうはいきません。

 

そしてピアノは自治体での処分はできないようです。
自治体からは「販売業者か専門業者に依頼するように」という指示がでているところが多いようです。

 

家電リサイクル法で定められた電化製品というのがいくつかあります。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などで、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。
もし購入したお店が近くない場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。新しく買い替えをする場合はそこでも依頼できるようです。

 

ではほかの粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
粗大ゴミの回収方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つがあります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設(リサイクルセンターやリサイクルプラザなど名前は自治体によって異なります)に電話で回収日を予約します。

 

そしてスーパーやコンビニで粗大ゴミシールを買います。
シールの値段は粗大ゴミの種類によって違います。

 

このシールを粗大ごみに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収してくれます。
粗大ゴミシールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。ついでに持って帰ってくれたりはしませんので、ご注意ください。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を伝えますのでメモなどを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。身分証もお忘れなく。
この場合はごみシールは必要ありません。